(注意)

大学院入試科目「英語」の扱いについて

 博士前期課程入試では、応用化学コースでは、TOEICあるいはTOEFL iBTスコアからの換算点を英語の得点としますので、英語の学力試験を行なっておりません。予めTOEICあるいはTOEFL iBTを受験しておく必要があります。詳細は大学院入試(実施済み)の学生募集要項をご参照下さい。

 

(参考)2022年度博士前期課程一般入試(2021年8月実施)募集要項より抜粋

  • TOEIC L&R、TOEFL iBTのスコアの換算点を英語の点数としますので、TOEIC L&R、TOEFL iBTの成績証明書の原本とその写し(A4サイズ)、または受験を証明できる書類(受験票の写し等)を提出してください。受験を証明できる書類を提出した場合は、試験日までに成績証明書の原本とその写しを必ず提出してください。
  • ただし新型コロナウィルス感染症の影響により、スコアの提出ができない者については、提出の必要はありません。
  • 成績証明書は、TOEIC L&RはOfficial Score Certificate(公式認定証)、TOEFL iBTはOfficial Score Report(公式スコア票)とします。
  • 提出できる成績証明書の発行日は、2019年4月以降とします。
  • TOEIC L&Rの場合、TOEIC IP等の団体特別受験制度による成績証明書の利用はできません。

 

入学の方法

工学部工学科の入試

1年次に入学する→工学部工学科の入試情報へ

3年次に編入する

  • 編入学試験

大学院博士前期課程(修士課程)の入試

  • 一般入試
  • 社会人入試
  • 外国人入試
  • 推薦入試II

大学院博士後期課程の入試

  • 一般入試
  • 社会人入試
  • 外国人入試

 

最新情報ならびに詳細は必ず入学者選抜要項(学部編入学大学院)を確認して下さい。