本文へスキップ

Reaction Organic Chemistry Laboratory,
Department of Appl. Chem., Ehime Univ.

学会発表PREsentation

2021年


日本化学会 第101春季年会(2021.3.19-22)

嵩高い第三級アルキルホスフィン類の合成とその応用
○坂元建幸・蔵田雅典・瀬野結梨香・曽我部祥多・太田英俊・林 実(2021.3.22, 口頭A07-4am-12)

P-Cクロスカップリング反応を用いた環状ホスフィン化合物の合成と構造
○足羽健作・湯浅亮輝・太田英俊・林 実(2021.3.22, 口頭A07-4am-11)


蛍光性λ5-ホスフィニンの機能化を指向した合成手法開発
○山下玲奈・米田聖英・太田英俊・林 実(2021.3.21, 口頭A10-3am-11)


ゼオライト触媒を用いた3-アリール-1-プロパノールの酸化的減炭反応の探究
○佐藤さくら・福田千遥・太田英俊・林 実(2021.3.19, 口頭A06-1vn-15)



2020年


第47回有機典型元素化学討論会(2020.12.3-5)

ラダー型および縮環型ホスフィニンの合成と光物性
○藤本汐音・太田英俊・林 実(2020.12.4, ポスター P-45)

ホスフィンスルフィド化合物を保護剤とするPdナノ粒子の合成
○合田宏樹・末永悠太・藤永 朔・寒原啓介・太田英俊・林 実(2020.12.4, ポスター P-44)

α-ヒドロキシメチルホスフィンスルフィドの極性転換によるリン官能基導入反応の開発
○浅原峻佑・湯浅亮輝・正岡和也・太田英俊・林 実(2020.12.4, ポスター P-43)


2020日本化学会中国四国支部大会, 島根大会(2020.11.28-29)

ネックレス型ホスフィンポリマーの合成
○高橋秀史・太田英俊・林 実(2020.11.28, PO12)

嵩高いアルキル置換P-キラルホスフィン配位子の合成と応用
○瀬野結梨香・太田英俊・林 実(2020.11.28, OR09)

ピリジルホスフィン誘導体で架橋された二核ロジウム錯体の合成と応用
○大西竜平・太田英俊・林 実(2020.11.28, OR07)

生体イメージングを指向した新規近赤外蛍光団母骨格の開発
○米田聖英・太田英俊・林 実(2020.11.28, OR04)


日本化学会 第100回春季年会(2020.3.22-25)
新型コロナウイルス感染症拡大のため中止。講演予稿集の発行(2020.3.5)により本年会が成立し、発表は成立。

オリゴホスフィン類を保護剤とするPdサブナノクラスターの合成
○合田宏樹・末永悠太・藤永朔・寒原啓介・太田英俊・林 実(2020.3.23, 口頭2D4-19)


嵩高いアルキルホスフィン誘導体の合成とその応用
○蔵田雅典・曽我部祥多・NGO KHANH LINH・太田英俊・林 実(2020.3.23, ポスター 2PB-054)


Synthesis and Photophysical Properties of Ladder-type and π-fused λ5-phosphinines
○Shion FUJIMOTO, Hidetoshi OHTA, Minoru HAYASHI(2020.3.22, Poster 1PB-017)


2019年


第46回有機典型元素化学討論会(2019.12.5-7)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いたP-キラルホスフィン配位子の合成
○瀬野結梨香・曽我部祥多・太田英俊・林 実(2019.12.6, ポスター P-66)

新規λ5-ホスフィニン誘導体の合成とその光物性
○米田聖英・太田英俊・林 実(2019.12.6, ポスター P-51)

有機リン化合物新規合成法の開発:単純なホスフィンから高分子・蛍光化合物へ
○林 実(2019.12.5, 特別講演 PL-2)



2019日本化学会中国四国支部大会, 徳島大学・常三島キャンパス(2019.11.16-17)

蛍光性λ5-ホスフィニンの化学変換と化学センシング
○矢野誠人・太田英俊・林 実(2019.11.17, 口頭 2C-08)

P-Cクロスカップリング重合による高分子ホスフィン配位子の合成と応用
○鬼武慎・太田英俊・林 実(2019.11.17, 口頭 2E-05)

担持ニッケル触媒を用いたフェノール類の水素化によるシクロヘキサノン類の合成
○中西大介・太田英俊・林 実(2019.11.17, 口頭 2C-04)

ベータゼオライト触媒による3-フェニル-1-プロパノールの酸化的減炭反応
○福田千遥・太田英俊・林 実(2019.11.17, 口頭 2C-03)

ホスフィン部位含有新規1,8-ナフチリジン誘導体の合成と金属錯化挙動
太田英俊○榎本皓仁・林 実(2019.11.16, 口頭 1F-05)


P-Cクロスカップリング反応を用いた大環状ホスフィン化合物の合成と応用
○湯浅亮輝・太田英俊・林 実(2019.11.16, 口頭 1F-04)

アルケニル及びアルキルホスフィン類の汎用的合成手法の開発と応用
○曽我部祥多・太田英俊・林 実(2019.11.16, 口頭 1F-03)

ネックレス型ホスフィンポリマーの合成
○高橋秀史・太田英俊・林 実(2019.11.16, ポスター 1P-092)

オリゴホスフィン誘導体による金属ナノ粒子の合成とその触媒反応
○寒原啓介・藤永朔・末永悠太・太田英俊・林 実(2019.11.16, ポスター 1P-040)

ピリジルホスフィン配位子を有する二核ロジウム錯体を用いた脱水素シリル化反応
○大西竜平・太田英俊・林 実(2019.11.16, ポスター 1P-034)


日本化学会第99春季年会, 甲南大学・岡本キャンパス(2019.3.16-19)

Versatile Synthesis of Bulky Alkylphosphine Derivatives from Alkenylphosphines
○Shota Sogabe, Khanh Linh Ngo, Hidetoshi Ohta, Minoru Hayashi (2019.3.18, Poster 3PC-046)

2,6位修飾λ5-ホスフィニン誘導体の合成とその光物性
○米田聖英・橋本直樹・太田英俊・林 実(2019.3.18, 口頭 3H1-43)

ラダー型λ5-ホスフィニンの合成と光物性
○藤本汐音・太田英俊・林 実(2019.3.18, 口頭 3H1-42)

ベータゼオライト触媒による3-アリール-1-プロパノールからベンズアルデヒド誘導体への酸化的減炭反応
○福田千遥・太田英俊・林 実(2019.3.18, ポスター 3PB-022)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いたP-キラルホスフィン配位子の合成と応用
○瀬野結梨香・貞利和希・曽我部祥多・太田英俊・林 実(2019.3.17, 口頭 2H5-12)

Synthesis and Catalytic Properties of Novel Adjacent Binuclear Rhodium Complexes with Pyridylphosphine Ligands
○Ryuhei Ohnishi, Hidetoshi Ohta, Minoru Hayashi (2019.3.16, Poster 1PA-143)


2018年


2018日本化学会中国四国支部大会, 愛媛大学・城北キャンパス(2018.11.17-18)

ホスフィン部位を有するベンゾ縮環型ナフチリジン誘導体の合成と錯化挙動
太田英俊○高浜功太・林 実(2018.11.18, 口頭 2G-12)

イオン液体修飾Pt触媒によるフェノール類の選択的水素化脱酸素反応
太田英俊○東林佳奈子・黒尾明弘・中塚真生・林 実(2018.11.18, 口頭 2G-10)

主鎖型ホスフィンポリマーの開発と応用
○和田悠暉・窪田尚子・太田英俊・林 実(2018.11.18, 口頭 2F-04)

ホスフィン含有デンドリマーの合成
○藤永 朔・中村槙吾・苅山慎之介・太田英俊・林 実(2018.11.18, 口頭 2F-03)

P-Cクロスカップリングを利用するアルケニル及びアルキルホスフィン類の汎用的合成
○曽我部祥多・太田英俊・林 実(2018.11.17, ポスター 1P-074)

4位ヘテロ置換λ5ホスフィニンの合成と応用
○矢野誠人・DAM THI HUYEN TRANG・太田英俊・林 実(2018.11.17, ポスター 1P-067, ポスター賞受賞

オリゴパラフェニレンホスフィン類の逐次的合成とその応用
○湯浅亮輝・太田英俊・林 実(2018.11.17, ポスター 1P-061)

4位置換λ5ホスフィニンの合成と光物性
○橋本直樹・太田英俊・林 実(2018.11.17, 口頭 1G-05)


第34回若手化学者のための化学道場 (in 高知), サンピアセリーズ(高知県高知市)(2018.9.13-14)

P-Cクロスカップリング反応を用いるオリゴホスフィン類の逐次的合成とその応用
○湯浅亮輝・太田英俊・林 実(2018.9.13, ポスター P-18)

4位ヘテロ置換λ5ホスフィニンの合成と応用
○矢野誠人・DAM THI HUYEN TRANG・太田英俊・林 実(2018.9.13, ポスター P-10)

P-Cクロスカップリングによるアルケニルホスフィン類の合成及びアルキルホスフィン類への汎用的変換手法の開発
○曽我部祥多・太田英俊・林 実(2018.9.13, ポスター P-1)


日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部・船橋キャンパス(2018.3.20-21)

P-Cクロスカップリング反応を用いるオリゴホスフィン類の逐次的合成と応用
○湯浅亮輝・太田英俊・林 実(2018.3.21, ポスター 2PC-074)

アルケニルホスフィン類からのアルキルホスフィン類の汎用合成法の開発
○曽我部祥多・太田英俊・林 実(2018.3.21, 口頭 2G5-32)

蛍光性λ5ホスフィニンを用いる化学センシングとスイッチング
○矢野誠人・DAM THI HUYEN TRANG・太田英俊・林 実(2018.3.21, 口頭 2F2-28)

Synthesis and Metal Complexation Behavior of Benzo-Annulated Naphthyridine Derivatives with Phosphine Moieties
Hidetoshi Ohta・○Kohta Takahama・Minoru Hayashi(2018.3.21, Poster 2PA-164)

Synthesis and Metal Complexation Behavior of 1,8-Naphthyridine Derivatives with Phosphine and Pyridine Moieties
Hidetoshi Ohta・○Hirohito Enomoto・Hiroki Kawakami・Yuji Imada・Minoru Hayashi(2018.3.21, Poster 2PA-163)

P-Cクロスカップリング重合による高分子ホスフィン配位子の合成と応用
○鬼武 慎・林 実・太田英俊・三好春治(2018.3.20, 口頭 1B3-19)

Photophysical properties of a newly designed λ5phosphinine
○Naoki Hashimoto・Hidetoshi Ohta・Minoru Hayashi(2018.3.20, Poster 1PA-046)


●第59回 新居浜高専工業技術懇談会(愛媛大学・新居浜高専合同シーズ説明会), 新居浜高専(2018.3.9)

温和なリグニン変換に向けた触媒研究
○太田英俊(2018.3.9, 依頼講演)


2017年


2017日本化学会中国四国支部大会 鳥取大会(鳥取県鳥取市)(2017.11.11-12)

フェノール類の触媒的水素化脱酸素反応の温和化と選択性制御
○太田英俊(2017.11.12, 口頭 YC01)

芳香族臭化物及びトリフラートのP-Cクロスカップリング反応の応用
○薛 茜・太田英俊・林 実(2017.11.12, 口頭 OR115B)

ヘテロ置換λ5-ホスフィニンの合成と物性
○DAM THI HUYEN TRANG・島原清香・太田英俊・林 実(2017.11.12, 口頭 OR116B)


第11回触媒道場, サンピアセリーズ(高知県高知市)(2017.9.25-26)

イオン液体修飾Pt触媒によるフェノール類の水素化脱酸素反応
○太田英俊・東林佳奈子・黒尾明弘・中塚真生・林 実(2017.9.25, ポスター P02)


第66回高分子討論会, 愛媛大学・城北キャンパス(2017.9.20-22)

主鎖型ホスフィンポリマーの汎用合成法開発と高分子変換反応
○和田 悠暉・窪田 尚子・太田 英俊・林 実(2017.9.20, ポスター 1Pe045)

P-Cクロスカップリング反応を用いるホスフィン含有デンドリマーの合成と応用
○藤永 朔・中村 槙吾・太田 英俊・林 実(2017.9.21, ポスター 2Pf034)

ホスフィン元素ブロック高分子の変換と機能
○林 実・窪田尚子・三好春治・和田悠暉・太田 英俊(2017.9.22, 口頭 3B09)


第120回触媒討論会, 愛媛大学・城北キャンパス(2017.9.12-14)

イオン液体修飾Pt/H-ZSM-5触媒を用いたフェノール類の水素化脱酸素反応
太田英俊・○東林佳奈子・黒尾明弘・中塚真生・林 実(2017.9.12, ポスター P-40, 学生ポスター賞受賞


第33回若手化学者のための化学道場 -鳥取 2017-, レーク大樹(鳥取県鳥取市)(2017.9.1-2)

ホスフィン部位含有新規1,8-ナフチリジン配位子の合成検討
○高浜功太・太田英俊・林 実(2017.9.1, ポスター P06)

蛍光性λ5-ホスフィニンの合成と物性
○橋本直樹・島原清香・太田英俊・林 実(2017.9.1, ポスター P07)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いたP-キラルホスフィン配位子の合成
○貞利和希・伊藤優希・太田英俊・林 実(2017.9.1, ポスター P18)


第111回有機合成シンポジウム 2017【春】, 岡山大学・津島キャンパス(2017.6.8-9)

蛍光性λ5-ホスフィニンの合成と物性
○橋本直樹・島原清香・太田英俊・林 実(2017.6.8, ポスター P-35)


日本化学会第97春季年会, 慶應義塾大学・日吉キャンパス(2017.3.16-19)

P-Cクロスカップリング反応を用いるホスフィン含有デンドリマーの合成
○藤永 朔・中村槙吾・苅山慎之介・太田英俊・林 実(2017.3.17, ポスター 2PC-184)

主鎖型ホスフィンポリマーの汎用合成法開発と高分子変換反応
○和田悠暉・窪田尚子・三好春治・太田英俊・林 実(2017.3.17, ポスター 2PC-183)

リン原子置換蛍光性λ5ホスフィニン誘導体の合成と物性
○DAM THI HUYEN TRANG・島原清香・太田英俊・林 実(2017.3.18, 口頭 3F7-08)

4位アリール置換λ5ホスフィニンの合成と物性
○橋本直樹・島原清香・太田英俊・林 実(2017.3.18, 口頭 3F7-09)

フェノール類の水素化脱酸素反応におけるPt/H-ZSM-5触媒上に修飾したイオン液体のアニオン効果
太田英俊○東林佳奈子・黒尾明弘・中塚真生・林 実(2017.3.18, ポスター 3PA-070)

芳香族臭化物及びトリフラートのP-Cクロスカップリング反応
○薛 茜・太田英俊・林 実(2017.3.19, 口頭 4D3-13)


2016年


2016年日本化学会中国四国支部大会, 香川大学幸町キャンパス(2016.11.5-6)

リン原子を自在に連結できるホスフィン元素ブロックの開発と応用
○林 実(2016.11.6, 口頭 2EY02)


●第118回触媒討論会, 岩手大学理工学部 (2016.9.21-23)

温和な条件下で進行するリグニン由来フェノール類の水素化脱酸素反応
○太田英俊・山本健太郎・黒尾明弘・林 実(2016.9.21, 口頭 1C13)


第65回高分子討論会, 神奈川大学・横浜キャンパス (2016.9.14-16)

P-Cクロスカップリングを用いるホスフィン元素ブロックの構築と応用
○林 実(2016.9.14, 口頭 1E07)


第32回若手化学者のための化学道場, にぎたつ会館 (愛媛県松山市) (2016.8.25-26)

低温常圧下で進行するフェノール類の水素化脱酸素反応
○東林佳奈子・山本健太郎・黒尾明弘・中塚真生・渡辺 裕・太田英俊・林 実
(2016.8.25, ポスター P23, 優秀ポスター賞受賞

芳香族臭化物及びトリフラートのP-Cクロスカップリング反応
○薛 茜・田中一平・太田英俊・林 実(2016.8.25, ポスター P32)

P-Cクロスカップリングを用いるリン含有規則性高分子の合成と反応
○窪田尚子・苅山慎之介・太田英俊・渡辺 裕・林 実(2016.8.25, ポスター P34)

4位置換蛍光性λ5-ホスフィニンの合成と物性
○DAM THI HUYEN TRANG・島原清香・太田英俊・林 実(2016.8.25, ポスター P37)


●日本化学会第96春季年会, 同志社大学・京田辺キャンパス(2016.3.24-27)

イオン液体修飾Pt/ゼオライト触媒による温和な条件下での4-プロピルフェノールのプロピルベンゼンへの水素化脱酸素反応
太田英俊・○黒尾明弘・中塚真生・渡辺 裕・林 実(2016.3.25, 口頭 2A2-15)

P-Cクロスカップリング反応を用いるリン含有規則性高分子の合成と反応
○窪田尚子・苅山慎之介・太田英俊・渡辺 裕・林 実(2016.3.26, 口頭 3B5-16)

芳香族臭化物及びトリフラートのP-Cクロスカップリング反応
○薛 茜・田中一平・太田英俊・林 実(2016.3.26, ポスター 3PC-099)

4位置換蛍光性λ5ホスフィニンの合成と物性
○DAM THI HUYEN TRANG・島原清香・太田英俊・林 実(2016.3.26, ポスター 3PB-190)


●第117回触媒討論会, 大阪府立大学・中百舌鳥キャンパス(2016.3.21-22)

担持白金触媒によるフェノール類の脂肪族および芳香族炭化水素への選択的変換反応
○太田英俊・山本健太郎・黒尾明弘・渡邉 裕・林 実(2016.3.22, ポスター 2P60)


2015年


●第2回木質系バイオマス利活用に関する研究会, 北海道大学 (2015.11.20-21)

リグニン由来フェノール類から6員環炭化水素を得るための触媒反応開発
○太田英俊(2015.11.20, 依頼講演



●第26回基礎有機化学討論会, 愛媛大学・松山大学 (2015.9.24-26)

対称型λ5-ホスフィニン誘導体の合成と物性
○島原清香・越智勇介・渡辺 裕・太田英俊・林 実(2015.9.25, ポスター 2P130,
ポスター賞受賞


●第62回有機金属化学討論会, 関西大学・千里山キャンパス (2015.9.7-9)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いるP-キラルホスフィンの合成と応用
○中島 祥希・渡辺 裕・太田 英俊・林 実(2015.9.7, ポスター P2-32)


●第31回若手化学者のための化学道場, 淡路夢舞台国際会議場 (2015.8.27-28)

フェノール類の水素化脱酸素反応の新展開 (2015.8.28, 師範講演)
○太田英俊

α-オキシメチル基を有するホスフィン類の新規アルキル化反応の開発
(2015.8.27, ポスター)
○三好春治・太田英俊・林 実

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いるリン含有規則性高分子の合成
(2015.8.27, ポスター)
○窪田尚子・太田英俊・林 実

含窒素ヘテロ環カルベンNi(II)錯体を触媒前駆体とするアルコールの脱水素シリル化反応
(2015.8.27, ポスター)
○坂田佳宏・太田英俊・林 実


●日本化学会第95春季年会, 日本大学・理工学部船橋キャンパス/薬学部
(2015.3.25-29)

1,8-ナフチリジン骨格にホスフィン部位とピリジン部位を導入した新規PNNNN型配位子の合成とその金属錯化挙動
太田英俊・○今田裕士・林 実・渡邉 裕(2015.3.27, 口頭 2F3-39)

ゼオライト担持Pt触媒を用いた温和な条件下でのフェノール類の水素化脱酸素反応によるシクロヘキサン類の合成
太田英俊・○山本健太郎・林 実・渡辺 裕(2015.3.28, ポスター 3PA-088)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いるP-キラルホスフィンの合成と応用
○中島祥希・伊藤優希・渡辺 裕・太田英俊・林 実(2015.3.28, ポスター 3PC-142)


2014年


●第114回触媒討論会, 広島大学・東広島キャンパス(2014.9.25-27)

ゼオライト担持Pt触媒による温和な条件下でのフェノール類の水素化脱酸素反応
○太田英俊・山本健太郎・林 実・渡邉 裕(2014.9.26, ポスター P008)


●第30回若手化学者のための化学道場, 岡山県倉敷市大浜海岸 鷲羽山下電ホテル(2014.8.29-8.30)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いる第三級P-キラルホスフィンの合成法開発
○中島祥希・茅原賢人・田中一平・渡辺 裕・太田英俊・林 実(2014.8.29, ポスター P02, 優秀ポスター賞受賞


●日本化学会第94春季年会, 名古屋大学・東山キャンパス(2014.3.27-30)

酸素による非対称化を利用した光学活性イノシトール誘導体の合成
○北森あゆみ・豊島亮祐・太田英俊・林 実・渡辺 裕(口頭 2H6-18)

ニッケルカルベン錯体触媒によるヒドロシランと活性水素化合物の脱水素
カップリング反応
太田英俊・○三好成美・岡本夕貴・林 実・渡邉 裕(口頭 2C1-46)

対称型及び縮環型λ5-ホスフィニンの合成
○島原清香・越智勇介・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 3A3-02)

Pd触媒P-Cクロスカップリング反応を用いる光学活性P-キラルホスフィンの合成法
○中島祥希・茅原賢人・田中一平・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 3B4-15)

Pd触媒を用いた逐次カップリングによる第3級ホスフィン類の自在合成法
○菊池広基・田中一平・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 3B4-16)

ゼオライト担持ロジウム触媒によるフェノール類の水素化脱酸素反応
太田英俊・○山本健太郎・渡邉 裕・林 実(口頭 3C2-41)


2013年


●The 6th Japan-China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-Materials, Ehime University, Matsuyama, Japan (2013.12.4-5)

Selective hydrodeoxygenation of phenols in water by supported Pt-based catalysts
○Hidetoshi Ohta, Bo Feng, Hirokazu Kobayashi, Kenji Hara, and Atsushi Fukuoka (Oral presentation)


●2013年日本化学会中国四国支部大会, 広島大学(2013.11.16-17)

LiClと塩基によるジオールの立体配座識別に基づく選択的活性化による置換反応
渡邉 裕・○行定朋美・川本麻央・太田英俊・林 実(ポスター 2Q16)

ホスフィン-銅錯体のクロスカップリングを用いる第3級ホスフィン誘導体の合成法
○濱田晃治・菊政健太・渡邉 裕・太田英俊・林 実(ポスター 2Q10)


●第112回触媒討論会, 秋田大学・手形キャンパス(2013.9.18-20)

Ni 触媒によるアルコールの脱水素シリル化反応
太田英俊・○三好成美・岡本夕貴・林 実・渡邉 裕(ポスター P040)


●第60回有機金属化学討論会, 学習院大学(2013.9.12-14)

Pd 触媒 P-C クロスカップリング反応を用いる第三級ホスフィン誘導体の効率的合成法
○田中一平・菊池広基・太田英俊・渡辺 裕・林 実(ポスター P3B-07,
ポスター賞受賞


●日本化学会第93春季年会, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(2013.3.22-25)

α-オキシメチル基を有するホスフィンボランを用いた Pd 触媒クロスカップリング反応
による第3級ホスフィン誘導体の効率的合成法
○菊池広基・田中一平・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 1F6-43)

Pd 触媒による芳香族臭化物及びトリフラートの P−C クロスカップリング反応
○田中一平・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 1F6-44)

蛍光性λ5-ホスフィニン類の合成および物性
○越智勇介・佐々木 志乃・海原 邦彦・渡辺 裕・太田 英俊・朝日 剛・林 実
(口頭 2F2-18)

3-オキソ-λ5-ホスホール誘導体の合成と物性
○永汐潤紀・菊池 満・渡辺 裕・太田英俊・林 実(口頭 2F2-19)

3-オキソ-λ5-ホスホールの変換による λ3-ホスホール類の新規合成法
○青龍若菜・渡辺 裕・太田英俊・林 実 (口頭 2F2-20, 林 実に発表者変更)


HPお問い合わせ

愛媛大学 工学部 応用化学科
反応有機化学研究室
〒790-8577
愛媛県 松山市 文京町3番
愛媛大学 工学部 1号館 6階
特任講師 太田 英俊
TEL:089-927-9944